ダウンクリーニング講座

画像

「クリーニング料金を節約したい!」
「なんとか自宅で手洗いできないかな……」
高級ダウンのクリーニング料金の高さに驚いて、こう思う方は多いかもしれません。

 

基本的には、洗濯タグに「手洗い可」と書いてあれば手洗いできます。しかし、それでもなるべくクリーニング店に出すことをおすすめいたします。

 

 

どうして手洗いよりもクリーニングの方が良いの?

 

ダウンのジャケットやコートを正しく洗うためには、それなりの技術と労力が必要だからです。適切な方法で洗わないと、ダウンのボリュームがなくなったり、保温力などの機能が衰えたり、寿命を縮めたりしてしまうのです。

 

慣れない作業に苦労しながら長時間かけて洗うよりは、時給+プロの技術代と考えて、クリーニングに出してしまった方が早いでしょう。

 

また、高級ダウンは特殊な素材やコーティング、壊れやすいボタンや付属品などを使っています。これらをガードしながら汚れだけを落とすのは、なかなか困難なのです。

 

さらに空気をたっぷり含む性質があるダウンは、水に漬けにくく、手洗いするのが大変です。

 

「ギュウギュウ押しているうちに生地やダウンを傷めてしまった……」

 

ということにもなりかねません。
そのため「手洗い可」の表示があっても、クリーニング店でウェットクリーニングしてもらった方が効率的なのです。

 

洗濯タグに「水洗い不可」や「ドライ(セキユ系)」とある場合は、そもそも手洗いはタブーです。それでも手洗いしたい場合は、何があっても自己責任だと覚悟しておきましょう。

 

 

それでも自宅で手洗いしたい!

 

そう思われる方は、以下に気をつけましょう。
基本的な注意事項であって、これらを押さえたからといって、品質が保てるわけではありません。傷みやトラブルは自己責任となるので、くれぐれもご注意ください。

 

 

洗濯タグの注意事項をよく確認する

 

まずは「手洗いできるかどうか」「その他の注意事項はないか」をチェックしましょう。
洗濯タグだけでなく、購入時についてくる紙タグも重要です。特殊な素材についての説明や、禁止事項などが書いてあるからです。こうした紙タグは、捨てないで保管しておきましょう。

 

 

手洗い用の洗剤を使う

 

普通の洗剤ではなく、手洗い用の洗剤を使いましょう。
また、「自宅でドライクリーニングできる」と宣伝している洗剤もありますが、取り扱い説明書をよく読んで、洗いたいダウン製品の注意事項に合っているかどうか確認しましょう。

 

 

基本は「つけ置き洗い」で、すすぎはやさしく丁寧に!

 

「手洗い用の洗剤」を使う場合も、そのまま洗濯機に入れて回すのはやめましょう。洗濯機の回転はとても強力なので、「手洗いモード」でも傷んでしまう場合があるからです。

 

つけ置きした後で軽くすすぐなどして、大切な高級ダウンを傷めないようにしましょう。また、洗濯タグや紙タグの注意事項をよく読んで、その方法に従うことも大事です。

 

なお、安価な「おしゃれ着洗い洗剤」などは、洗濯機の手洗いモードでの使用を想定しているため、繊細な高級ダウンの手洗いには不向きです。成分をすすぎにくく、ダウンにベタつきや匂いなどが残りやすいので、気をつけてください。

 

 

プロ仕様の手洗い用洗剤もあり!

 

クリーニング店の業界団体が勧める、手洗い用の洗剤もあります。ドライマークの服も洗えますが、やはり向き不向きはあります。説明書をよく読んだ上で、適切に使うようにしましょう。

 

プロウォッシュ
http://www.aspiral-shop.com/shopdetail/002000000001/order/

 

 

ダウンの手洗いは、注意点が多くて労力もかかります。
ポイントを押さえれば不可能ではありませんが、なるべく専門のクリーニング店に出すことをおすすめいたします。

 

忙しくてある程度の予算がある方は、ぜひクリーニング店を活用してください。